初秋・大減水激濁り・低活性の三兼池を釣る!

西村 信哉

今年は雨が少なかったからか・・・。

それとも、池の栓を低いところまで開けてしまっているからか・・・。
(そうだとしたら管理のお方、正しい位置の栓を締めなおしておくれ!)

とにかく、ホームグラウンドは大減水&激烈濁り。゚(゚´Д`゚)゚。

超せこレベルのライトリグにも、デリケートな過敏バス達は逃げ惑う状況。
ジョイクロ178にもチェイスなし。

なのに、人は超多いね。。。

この最悪な状況を打開してくれて、他アングラーから羨望の眼差しを受ける、ナイスなパターンを発見!


■目次
1. 釣果報告
2. ヒットルアー
3. タックル紹介
4. 導き出した法則




1. 釣果報告

25cmアベレージバス君
20cmモンスターギル

170906_02
170906_01



2. ヒットルアー

メガバスのMR-X グリフォン(ハチローリアクション)。

自分はエバグリ信者なので、ワイルドハンチばかり使っていたが、全然釣れたことなかった。
クランクベイトって釣れないものだと思ってた。
が、グリフォンはライトリグもビッグベイトもダメで、そこにいる全アングラーがダメな時も成果を上げた。

その小粒でかわいいフォルムと、見た目からは想像できなかった超キャストしやすいウエイト、水中でのちょうど良い存在感。
モンスターギルを釣った時は、着水してステイで食った。
虫パターンもイケてしまうソフトな水面での存在感。




3. タックル紹介

【ベイトタックル】
ロッド:ダイワ クロノス(671MLB)
リール:ダイワ ジリオン SV TW(1016SV-SHL)
ライン:ダイワ ジャストロンDPLS(12lb/クリア)





4. 導き出した必勝パターン

グリフォン最強ーーーー!



関連記事
Posted by西村 信哉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply