バス釣り界の季節の呼び方と、シーズナルパターン

西村 信哉

180508_03

田辺の真髄II ~seasonal pattern~ [DVD]


バス釣りって、いろいろな外来語を駆使して喋っているのを見聞きして、始めのうちは戸惑いました。

そんな中でも今回は、季節の呼び方をまとめてみます。

「アーリーサマー」とかが有名ですが、その他も勝手に名付けてみました。

スポーニングなども絡めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!


■目次
【春】SPRING
【夏】SUMMER
【秋】AUTUMN
【冬】WINTER





【春】SPRING

3月:アーリースプリング(プリスポーン)
4月:ミッドスプリング(プリスポーン/ミッドスポーン)
5月:レイトスプリング(ミッドスポーン/アフタースポーン)

産卵に備え爆喰いする時期。プリスポーンのビッグママをねらったりする。アフターはガリガリでスローになりがち。

シャッド好きの僕が大好きなシーズン






【夏】SUMMER

6月:アーリーサマー(アフタースポーン/回復)
7月:ミッドサマー
8月:レイトサマー

シェードやインレットにバスが集中するため、ポイントを絞りやすい。カエルや水面に落ちた虫を補職することもあるため、水面をよく見ている。

虫ルアー好きの僕が大好きなシーズン






【秋】AUTUMN

9月:アーリーオータム
10月:ミッドオータム
11月:レイトオータム

水中全体が過ごしやすいため、バスがいろんなところに散る。したがって巻物で広範囲を釣るのが有効。

巻物好きの僕が大好きなシーズン






【冬】WINTER

12月:アーリーウインター
1月:ミッドウインター
2月:レイトウインター

12月くらいまでは秋を引きずっているが、1月からは越冬系バスが中心になる。鉄板バイブのリフト&フォールで底を釣ることが多くなる。坊主を覚悟しなければいけないシーズン。

僕が苦手なシーズン





関連記事
Posted by西村 信哉

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply